人気ブログランキング |

レーズン山食そして京都墓参、寄り道


レーズン山食そして京都墓参、寄り道_d0154716_11183807.jpg



いつものようにレーズンは一晩赤ワインに漬けておく

赤ワインに漬けて重さを増したレーズンを抱える生地が

その重みに負けないように中種法で焼く



レーズン山食そして京都墓参、寄り道_d0154716_08583428.jpg


どうかレーズンが綺麗に散らばっていますように( ^ω^)・・・

ハラハラドキドキしながらスライスする

うう~~ん、ううう~~ん

まっ、美味しいから、レーズンの散らばり具合は

いいことにしま~す(^_-)-☆

              








―-----------------⁂------------------------------------⁂------------------------------⁂--------------------------



昨日、雨の京都墓参の後でちょっと寄り道!


墓参の前の日、木曜日にFumminがちょっといい? と切り出した。




「お墓参りの帰り、寄りたい所があるの」

「何処?」





心機一転のお守りが貰える神社があると言う。

コロナのことでテレワークがあったりで、結構大変なFumminです。





「へぇ、それって何処の神社なの」

「縁切りで有名な、あの安井金毘羅宮」

「へぇー、あそこは縁切りじゃないの?」






くり抜かれた大きな石の輪を、くぐり抜けては戻り抜け悪縁を断ち良縁を得る。

縁切りで有名な神社安井金毘羅宮


Fumminが言うには、どうもそれだけではないらしいのです。





安井金比羅宮その始まりは、

神社の伝えるところでは奈良時代まで遡り、

「大化の改新645年」で知られる中大兄の王子(後の天智天皇第38代)の時、

大化の改新を主導したとも考えられている藤原鎌足が我が家系と子々孫々の反映を願い仏堂を建て、

藤の木を植えたのが始まりとか……









♪安井金毘羅宮、今日は人っ子一人いない、前を行くFumminだけ♪
レーズン山食そして京都墓参、寄り道_d0154716_09141223.jpg


時は下りをその藤をこよなく愛したのが、崇徳(すとく)天皇。

そして崇徳天皇は上皇となった1146年、寺の一部を館に改築。

寵妃の阿波内侍(あわのないし)をそこに住まわせと伝えられています。



しかし崇徳上皇は朝廷内の実権を巡り1156年の保元の乱の戦で敗北。

権力を失い、現在の香川県である讃岐国に流罪となり、

その後何度も京都へ戻りたいと朝廷に願い出ました。

受け入れられることなく失意の中で8年後に亡くなったそうです。




崇徳上皇が亡くなった後、

都では飢饉、災害が頻発、そして立て続けに有力者が亡くなるな不幸が相次ぎ、

無念のうちに亡くなった崇徳上皇の祟りではないかと人々は恐れ、

その御霊を鎮めようと藤の美しいその場所に神社を建て、崇徳上皇を祀りました。








♪縁切り石の輪くぐり、あいにくの雨で人の気配が無い♪

レーズン山食そして京都墓参、寄り道_d0154716_09094776.jpg


安井金比羅宮の「縁切り」は、

主祭神である崇徳上皇が、

讃岐(香川県)に流された際に、

讃岐に現在もある金刀比羅宮の中にこもったことに始まり、

心を惑わすものとの縁を断ち切り、

すっきり身を清めるという意味での「縁切り」。




また、安井金比羅宮は崇徳天皇の寵愛の妃、阿波内侍との思い出の場所。

悲恋に終わった二人ですが、仲睦まじき良縁の人々が、

いつまでも縁が途切れることのないようにと、

「縁結び」の神社でもあるそうです。




また崇徳院は小倉百人一首 七十七番で

「瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ」

と、歌っています。




崇徳天皇の生涯を追いかけてみますと

この歌が単に恋の歌とばかりには思えません、ワタシには。



千年近く前の話ですが、

なかなか大変な人生だったんだなぁと…

いつの世も今を生きるその時は、それが現世。







あぁぁぁ~苦労多いわ、ワタシの人生も(笑)!

ボヤキと溜息、吐きながら…心機一転のお守りをいただきました。




お守りには金色の輪が入っています、イメージとしてこの輪を日々くぐり抜けて心機一転!

今日も頑張るぞぉ~ 

レーズン山食そして京都墓参、寄り道_d0154716_09234451.jpg


そして、引いたおみくじは大吉!

ちょっと恐れ多い( ^^) _U~~ですwaaaa~~~




その後は少しだけあたりを散策

高台寺南門通りの坂を上がり、

竹内栖鳳の旧居跡(今はレストランTHE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO)の横の石畳をさらに上に、

スルト正面に見えてきたのはパークハイアット京都 !




Fumminの説明によるとお金持ちの外人が泊まるホテルだそう<`ヘ´>

ホントに!??

レーズン山食そして京都墓参、寄り道_d0154716_11380395.jpg


パークハイアット京都を正面に見て右折し

スターバックスやかさぎ屋を右手に見ながら、二年坂を上りきる。


お扇子片手に、思わず独り言

「むし暑いわぁ。汗が吹きだしてびっしょり、水も滴る……あぁしんどやわぁ」


ふぅ~と、一息ついて右に下る八坂通りを行くと

「見ざる🙈、言わざる🙊、聞かざる🙉」の庚申さん





レーズン山食そして京都墓参、寄り道_d0154716_12211594.jpg

普段なら着物姿の若い女性で溢れている写真スポット。

今日はお参りする人は、ちらほら。


庚申さんに手を合わせ、前の坂をさらに下り振返ると八坂の五重の塔が、

「ようこそ、お帰り。またおいでやす京都へ」

と微笑みかけてくれる。



レーズン山食そして京都墓参、寄り道_d0154716_12501625.jpg


本当に人の出が少ない、お店も閉まったまま。

このままでは確かに社会が成りゆかないでしょうに。

でも昨日のコロナ発症者は東京では240人、大阪では30人。


神社仏閣で手を合せ祈るのは……

家内安全、疫病退散そして豪雨がおさまり河川の氾濫が静まりますように」





長々と見て頂いてありがとうございます!


人気ブログランキング 
ポチッとお願いします

temanesii - にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ



Commented by seniorayame at 2020-07-11 21:58
レーズンをバランスよく入れるのが私は苦手・・・。
いつも綺麗ですね。
切る時、ドキドキしますよね。

京都にお住まいなんですね。
羨ましいです。
関西に住んでいたこともありますが安井金比羅宮は
知りませんでした。

天智天皇の落胤だと云われる藤原不比等の事が書かれた
小説が大好きで、あの頃の時代は凄く興味があります。
そういう謂れのある神社なんですね。
静かな中でのお参り、おみくじもバッチリ!

東京は今日も200人超えの感染者です。
そちらは雨の被害は大丈夫でしたか?
Commented by miimimi at 2020-07-12 01:33
レーズンパン♥️大好き。
作る側の完成までのドキドキ感
うんうんわかります!
美味しいだろうなぁああー食べたい(笑)

安井金毘羅宮へ参拝したくなりました!
Fumminちゃんもいろいろと大変そうですね。
お墓参りも出来て安井金毘羅宮へも参れてよかったね(*^^*)
心機一転ですね!
おみくじも大吉☆嬉しいよね♪
わたしも先日参った氷川神社で大吉でした。
持ち歩いてます(笑)
わたしの人生も語れないほど苦労が多い。
なんなんだろう…。
京都までいまは行けないので、神社のサイトをくまなくチェックしてます(^^;
Commented by tanet25 at 2020-07-12 07:57
ayameさん、おはようございます。
レーズンの散らばり具合、ワタシも大の苦手です。
ホントに切るときハラハラで、切ってガックリです。
ぁああ♪、思うように散らばってくれません。

住まいは京都ではないのですが、
京都が大好きだった父のために京都に墓を定め
それから四十数年、墓参に通っています。
その都度、京都を楽しんでいます。
この金曜日もFummin(娘)の運転で雨の中、行ってきました。
帰りの高速では滝のような雨に見舞われ豪雨の恐さが身に沁みました。

へぇ~、そうなんですね。
大化の改心で始まった中臣鎌足と天智天皇の政治は、
天智天皇のご落胤、藤原不比等へと続いて行くのですね。
とっても面白そう!
牛に引かれて善光寺参り・・まさにFumminに誘われ安井金毘羅宮へ
そしてayameさんの"不比等さんの小説大好き"の言葉に
ワタシもちょっと飛鳥の時代を覗いてみたくなりましたわ"(-""-)"

ほんとうに怖いです、じわじわとそして急激に増える感染者数。
おかげさまで、今のところ無事でおります。
コメント返信の最中、この夏初めてのセミの声が聞えてきました。
猛暑にマスクと経験したことの無い夏がやってきますね。
どうぞご自愛ください。


Commented by tanet25 at 2020-07-12 08:42
miimimiさん、おはようございます。
嬉しいです、このドキドキする気持ちが伝わって。
オーブンに入れて、ふっくら山が膨らんでいくとき
そして焼きあがった山食をカットするとき
軽い緊張感で胸がキュッとなります。
最近は、ときめくことなんてほとんど無いワタシですが( ^ω^)・・・
ぁああ~、でもちょっとちがいますよね、レーズンパンに胸キュッと
ときめきの胸キュンは(笑)
いずれにしても時々緊張感をもって生活するのは
イイことかも知れませんネ。

是非とも安井金毘羅宮へ。
そうなんです、Fumminも大変みたいです。
母としてはいつも朗らかな娘の顔を見ていたいので
少し心配しております。
でも娘の人生は娘のもの、只々思う存分生きて充足してくれればと
心中祈るばかりです。

おみくじの大吉、驚きました少し。
持ち歩く・・なるほどですね(*'ω'*)財布に入れるのがいいでしょうか。
mimiさんもご苦労が多い人生なのですね。
お互いの距離はありそうですが機会があれば、
いろいろお話合いしたいですね(^_-)-☆
Commented by rurumik0421 at 2020-07-13 13:49
こんにちは❣️
美味しそうなレーズンパン!
中種法、本で目にしたことはありますが、難しそうで、やってみたことありません。
京都は好きで、娘と一緒に、1年に2回くらいは行っていましたが、もう当分行けそうにないでしょうか。。( ; ; )
私も、苦労の多い人生(性格?)でーす!ああ、京都、、行きたいなあ。( ◠‿◠ )
Commented by tanet25 at 2020-07-13 14:49
rurumikさん、こんにちは。
レーズンパン、大好きなので時々は買っていただくこともあります。
もっともっとレーズンを巻き込みたいですが…う~ん、難しいです。

京都はいつ行っても楽しめますよね。
雪の京都は寒~いけれど、美しいの一言!
雨の京都はしっとりとして、木々の緑が鮮やかで、
暑い夏の京都は川床が楽しみです。
ワタシも京都大好きです。
先週金曜日の京都はお店もほとんど閉まっていて
ほぼ用事だけして帰ってきました。人の出が無く本当に静かでした。
きっと又お出かけになれる日が近いうちに来ると思います。
そのときはお二人で、う~んと京都を楽しんでくださいね。
(嫌なこと、吹っ飛びま~~すよ)
今のうちに計画立てて…ネ!
Commented by nanako-729 at 2020-07-14 16:17
tanet25 さん、こんにちは!
レーズンがたっぷりできれいに散らばっていますね!
カットしたパンまずはそのままパクリと頂きたいです。
あとはトーストしてバターたっぷり・・・
なんて妄想は膨らみます。

京都へお墓参りに行かれたのですね。
海外の観光客の方がいないと静かな京都ですよね。
娘ちゃんとゆっくりできてよかったですね~(*^_^*)
Commented by tanet25 at 2020-07-14 17:31
nanakoさん、こんにちは。
もうすぐこんばんはですね、こちらはやっと雨が上がり
また、むし暑い時間が戻ってきました。
そちらは如何ですか。

そうですよね。まだ湯気が残っている間にペロリっと、
一枚いただいて・・次の一枚は・・トーストして(´∀`*)ウフフ ! ですよね。

はい、ほんとうに人の出がなくて信じられないほど
静かな京都でFumminと楽しんできました。
たしかnanakoさんは京都がご実家?  
間違えていたらごめんなさいm(__)m、すみません。
京都はワタシのように懐不如意な者にとっても
あまりお金を使わないで楽しむこともでき、
ちょっと贅沢したいなぁって、そんなときも又楽しめるお店が
あるのが嬉しいです。
京都育ちの方々にの足元には及ばないけれども
京都、大好きです。
by tanet25 | 2020-07-11 16:24 | Comments(8)

レーズン酵母&イーストのパン、そして時々焼き菓子を楽しんでいます!


by tanet25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30